プレファブ住宅の特徴

住宅は、完成すればそれで良いというものではありません。長い間そして毎日使うもの。 そこで、私たちは、長期間にわたるアフターサービスを行っています。もちろん、新潟県内に本社、支社、営業所等がある大手住宅メーカーですから、長い間、安心してお付き合いできます。

コンピューター、ロボットなど最新技術を導入した工場で、徹底した品質管理のもとに 主要部材が生産されるため、品質のばらつきがなく、高い精度があります。そこで、伝統的な木造住宅のように、職人さんの技能に左右されることがなく高品質の施工が実現でき ます。また、完成するまでの期間が短いため、新潟の急変する天候にもあまり左右されず建てられます。

地震や風圧・積雪等さまざまな荷重に対して、工法や構造に応じた構造計算手法や実験を行うことで、安全性を繰り返し確認しています。また、耐震設計では、地盤の性質に応じた基礎設計を行うことが最も重要です。建築にとりかかる前に、しっかりとした地盤調査 を実施して最適な基礎設計を行っています。このような取り組みの結果、阪神・淡路大震災でも、高い耐震性が実証されました。また、多くは標準仕様で「長期優良住宅」への対応を実現していて、耐久性も優れて
います。

エネルギーをムダなく効率よく使用するために、断熱性と気密性が高く、熱を逃がさない 構造となっています。ですから、暖房や冷房の効率も良く、経済的。さらに、自然の恵み を活用した設計上の工夫や、太陽光発電やエネルギー効率の高い設備機器を採用しています。

最近、「スマートハウス」という言葉を耳にする事があるかと思います。これは、ITを 使って家庭内のエネルギー消費が最適になるように制御された住宅のこと。具体的には、 太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことです。つまり、スマートハウスは、「賢い住宅」。更に、日々技術の研究を行って
います。

ページの先頭へ戻る

構造部材の種類によって、分類されます。

木材によるパネルなどを主要構造部材とするもの

鉄骨の柱、梁に壁パネルを用いるなど、鉄骨を主要構造部材とするもの

鉄骨または木材をフレームとしたユニットを建築現場で連結して完成させるもの

工場生産コンクリートパネルなどを主要構造部材とするもの

ページの先頭へ戻る